新車を買った後に

買い取りと下取の違い

車の売却する際に必ず聞くであろう買い取りと下取ですがこの二つは何が違うのかを考えた事はあるでしょうか?
やる事はどちらも同じでいらなくなった車をお店などに売却してお金を頂く事です。
なのに何故呼び方が違うのか不思議に思った方のために解説させて頂きます。
正直なところ買い取りも下取も大きな違いはありません。
先ほども書かせて頂きましたがやること自体はまったく同じでいらなくなった物を売却する事です。
違うのは売る場所なのです。
買い取りはそのまんまの意味でお店などに買い取って貰う事全般を指します。
ただし例外があります。
それは買い換えたお店に今まで使っていた車を売却する事です。
この場合は買い取りではなく下取になるのです。

車の売却において知識は大事

車を売るにあたって買い取りにするにも下取にするにも事前知識がとても大事になってきます。
大げさではないかと思う方が多いかと思いますがそんな事はありません。
知識も無く車を売却してしまうととても損をしてしまいます。
何故なら自分で出来るだけ高額で売りたいと思っているのと同じくらいにお店側は出来るだけ安く仕入れて高値で売りたいと思っているからです。
これだけ聞くと印象が悪く感じるかもしれませんがこれは商売をしている人は当然のことになります。
なので決して悪い事ではありません。
ですが買い取り金は安かったのに高額で売られているのはあまりいい気分ではないのも当然のことだと思います。
なので少しでも高額で売却たいと考えている方はまず知識を付ける必要があるのです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP